南国斉藤牧場のノンホモ山地酪農牛乳ジェラートセット

 高知の食のNO1を決定する「土佐の食1グランプリ」の第10回大会の人気投票で第1位に選ばれたジェラート。これまでの同大会で、スイーツが受賞したことは1度もなく”初の快挙!”と絶賛された逸品の6個セットです。  主原料の牛乳は、高知発祥で完全放牧の山地酪農を唯一継承する斉藤牧場(南国市)の牛からとれる原乳を、同市の「ひまわり乳業(株)」が、ホモジナイズ(脂肪壊す)処理をせずに、時間をかけて低温殺菌をしたものです。  このこだわりによって、私たちは”牛乳本来の美味しさを、牧場に行かなくても味わう”ことができるようになりましたが、飼育頭数が限られ(25haで30頭前後)、賞味期限も5日程度と短いことから、多くの方に飲んでいただくことができない”幻の牛乳”的な存在でした。  この度、「完全放牧の山地酪農から生まれるグラスフェッドの牛乳の美味しさを、少しでも多くの方々にお届けしたい」との思いから、牧場主の斉藤さんと話し合って、ジェラートにしてお届けしようということになり、商品化に踏み切りました。  商品のコンセプトは、”食べる牛乳”。グラニュー糖は使わず、自然素材の甜菜糖も極限まで抑え、「牛乳本来の美味しさを味わっていただく」ジェラートに仕上げました。  縁あって、千葉県船橋市で「船橋コーヒータウン化計画」を進める梶さん【粕谷哲さんと共に株式会社Philocoffea(フィロコフィア)の共同代表を務め、「RUDDER COFFEE(ラダーコーヒー)」と「Philocoffea(フィロコフィア)」を経営するほか、「ドトールコーヒーショップ船橋駅南口店」を全国屈指の売り上げを誇る名店に育て上げたオーナー】に、アフォガードとして使っていただきました。  グラスフェッドから生まれる本物の牛乳ジェラートを、皆さんもぜひ一度味わってみてください。
  • 2,800円(内税)